筆記匯整


集大成

手をかけ

度肝を抜かれる(どぎもをぬかれる)

機嫌がよい(きげんがよい)

角力を取る(すもうをとる)

足を小刻みに踏む(あしをこきざみにふむ)

むきになる

後手に縛る(うしろでにしばる)

息を切る

下を向く

つらく当たる

涙を誘われる

じろじろそれを見る

むっとする

気を許す

信用が置ける

大目に見る(おおめにみる)

気の弱い

地団太を踏む(じだんだをふむ)

なすすべはない

ほかほか湯気を立つ

ひたりと止まる

目を瞑る(めをつぶる・つむる)

鍵をかける

一目散に逃げ出す(いちもくさん)

父の非道を鳴らす

火を点ずる(ひをてんずる)

骨を削る

息を潜める(いきをひそめる)

黄金を打ち延ばす

目を背ける(めをそむける)

霞がたなびきわたる

気がもめる

腹が張る

松明をともす

紐を巻きつける独楽(こま)

からかさをぶら下がる

風にあおられる

スタートを切る

追い打ちをかける(おいうちをかける)

胸をつく

心が弾む

気がさす

年季を入れる(ねんきをいれる)

一役買う(ひとやくかう)

身を凭せる(みをもたせる)

眼を伏せる

酒盛りを開く(さかもりをひらく)

途方に暮れる

愛想が尽きる(あいそがつきる)

世辞を追従する(せじをついしょうする)

願いを容れる(ねがいをいれる)

御辞宜をする(おじぎをする)

胆をつぶす(きもをつぶす)

名にし負う(なにしおう)

跡を絶つ(あとをたつ)

そっぽを向く

思案にくれる(しあんにくれる)

文句を言う

引っ込みがつかない

見極めをつける

腹を決める

顎(あご)でしゃくる

肝に銘じる(きもにめいじる)

恩を仇で返す(おんをあだでかえす)

固唾(かたず)をのむ:

二枚舌を使う(にまいじたをつかう)

出ず入らず(でずいらず)

肩で風を切る

眼のかたき

足止めをくう(あしどめをくう)

塞ぎの虫(ふさぎのむし)

ぐうの音も出ず

肩を持つ

ひんしゅくを買う

身をさらす

恥を雪ぐ(はじをそそぐ)

拍車をかける(はくしゃをかける)

身をひく

見るかげもない

かじを取る

定かに景色も見えず(さだかにみえず)

念をおす

腰をかがめる

気を取り直す

夜店を出す

用手碰

使大吃一驚,嚇破膽

心情高興,快活

摔跤

邁碎步

當真了,生氣了

把手反綁在背後

下決心

向下看

苛待

引人落淚

目不轉睛地看

心頭怒火

放鬆警惕

可信任

寬大處理,不予追究

懦弱

(著急、後悔)地直跺腳

不知所措

日日熱氣

突然停止

閉眼

上鎖

一溜煙地逃跑

譴責父親的不仁義

點火

徹骨,徹身,深入骨髓

屏息不出聲

把黃金鑲成金箔

移開視線,不忍正視

薄霧靉靆

焦慮不安

肚子脹

點火把

捲著線的陀螺

撐傘

被風吹動

開始,起跑

追擊窮寇

吃驚

心裡興奮

內疚,於心不安

積累經驗,下功夫

主動承擔任務,主動幫忙

靠著身子

眼睛朝下看,垂下了雙眼

擺酒筵

沒辦法,走投無路

討厭,厭煩

奉承拍馬

答應請求

鞠躬,行禮

嚇破膽,害怕

負盛名,著名

絕跡、消失

扭向一邊,不理睬

想不出辦法,一籌莫展

發牢騷

欲罷不能,下不來台

看清(結果)

下決心,拿定主意

頤指,指使

銘記在心

恩將仇報

緊張屏氣

一張嘴兩片舌,說話前後矛盾,撒謊

貸借相抵,不多不欠

得意揚揚,趾高氣揚,耀武揚威

眼中釘

遭受禁閉

悶悶不樂,精神鬱悶

一聲不吭.閉口無言,無言辯解

偏袒,袒護

招人瞧不起,招人嫌棄

置身於。

雪恥

加速,加快

引退,辭退

變得不成樣子

掌舵.操縱方向

也看不清景色

叮囑,叮問

彎腰

重振精神

擺夜攤




上一則   |   回上頁   |   下一則