日文文法



文法 ~といえども
表現 改まった固い
翻訳 雖說;即使
意味 ~けれども、~ても、~であっても:文語体の逆接の表現。後ろには、前の内容から当然予想されることと反対の内容を表す文がくることが多い。「いかに~といえども」や「たとえ~といえども」のような形をとると、特別な状況を強調する表現となる。
接続 【動、い形、な形、名】の普通形 + といえども
ただし、【な形】と【名】の「だ」はつかないことが多い。
例句

1、近年(きんねん)、医学がめざましく進歩したといえども、病人の数は減少(げんしょう)傾向(けいこう)にはない。

2、いかに多忙(たぼう)といえども、健康管理を(おこた)ってはならない。

3、たとえ外国人といえども、「(ごう)()っては郷に(したが)え」です。

慣用 「老いたりといえども」<文語体で「年を取っているけれども」の意味。>.老いたりといえども、まだまだ若い者には負けないつもりだ。
類語 〜とはいえ、〜といっても


回上頁   |   下一則