日文文法



文法 ~べく
表現 書き言葉,改まった固い
翻訳 為了要~
意味 ~ようと思って:目的を表す
接続 【動:辞書形】+ べく
「するべく」は「すべく」となることもある。
例句

1、恩師(おんし)に会うべく、久しぶりに母校を訪れた。

2、試験に合格すべく、(みな)一生懸命(いっしょうけんめい)に勉強している。

参考 1、「~べくして~た」<「当然予想されていたことが実際にそうなった。の意。同じ動詞を2度繰り返す。>.車のブレーキに欠陥があったことを会社側は公表していなかった。この事故は起こるべくして起こったのだ。2、「~べくもない」<「~することはとてもできない」の意。>.こんなに予算が削られては、新しい事業の成功は望むべくもない。


上一則   |   回上頁   |   下一則